AKA-博田法は腰痛や肩、膝など関節痛の治療法です。東京都豊島区の望クリニックはAKAと遠絡療法の専門医療機関です

東京都豊島区雑司が谷2-4-1
    03-3986-7889
AKA博田法 臨床実績
症例と診断・治療の実績
院長・住田憲是より
AKA-博田法について
なぜ治らないのか AKA-博田法とは
一般整形外科治療との違い AKA-博田法の治療対象
初診時のながれ AKA-博田法で取れない痛み
整形外科で手術と言われた方へ AKA-博田法の治療の実際
手術しても痛みの取れない方へ AKA-博田法と画像診断
AKA-博田法類似治療へのご注意

変形性膝関節症 【股・膝・足関節の痛み】

変形性膝関節症の症例トップに戻る(前のページ)

変形性膝関節症の症例

S14年 女性
患者さんからの来院までの経過
平成15年頃より右膝が痛み始め整形外科を受診。レントゲンで変形性膝関節症と診断。鎮痛薬と湿布を処方され、筋力トレーニングをするように言われた。歩けなくなったら大変だと思い一生懸命に筋力トレーニングをしていたが、徐々に痛みがひどくなり平成18年頃には左膝まで痛むようになってしまった。平成19年に痛みに耐えられず歩けなくなってきた為、総合病院受診。
手術を勧められ右膝の人工関節置換術を施行。手術後、右膝の痛み良くなったが左膝の痛みは続くため平成20年に左膝の人工関節置換術を施行。その後、しばらく安静にしていたこともありあまり膝の痛みを感じなかった。しかし徐々に元の生活に戻るに従い、両膝の痛みが再発した為、手術をした総合病院を受診。医師によると「両膝は人工物になっており、レントゲン上は人工関節には問題ない。なんで痛みがまた出てきたのかわからない、もうやりようがないので鎮痛薬などでごまかすしかない」などの説明を受けた。他に何か治療法がないかと思い平成21年に当院に受診。

他院での診断名:変形性膝関節症で両膝を手術で人工関節にしている。

他院での治療
鎮痛薬、ヒアルロン酸の関節内注射、筋力トレーニング等のリハビリ
平成19年に右膝人工関節置換術
平成20年に左膝人工関節置換術

望クリニックでの診断:仙腸関節を主とした関節の機能異常
来院時の症状:両膝の痛み。痛みは歩行時、特に階段昇降で辛い。痛みは温めると楽になるとの事だった。他に、元々腰痛、肩コリもある

AKA-博田法後の自覚症状の経過
AKA-博田法初回:治療後、両膝の痛み軽くなった感じがあります。歩くときに足が軽いです。
3回目:両膝の痛みは治療後1週間くらい軽くなります。肩こり、腰痛も大分楽になります。
5回目:最近は痛み止めを飲まなくても日常生活を送れるようになってきました。
現在:その後、AKA-博田法を最初の半年間は2週間に1回の割合で行った。徐々にAKA-博田法への反応が良くなり、痛みが改善されてきたので患者さんと相談し、現在1カ月に1回の割合でAKA-博田法を行っている。両膝の痛みは鎮痛薬を服用する必要なく、日常生活をおくれている。

考察:
手術で人工の関節に換えた後も痛みが再発した事、またAKA-博田法により、痛みが軽くなったことから、この方の膝痛の原因は仙腸関節を主とした関節の機能障害であったと考えられます。手術前にAKA-博田法を受けていれば手術は必要なかった可能性があります。
関節の機能障害はわずか1~3ミリの関節の動きの異常のため、レントゲンやMRI等の静止画像ではわかりません。そのため、AKA-博田法を知らない医師は関節の機能障害が原因でもそれを正確に診断することが出来ず、目に見える変形を痛みの原因と診断してしまう傾向にあります。
そのため、この方のように関節の機能障害を治療することなく手術をしてしまう事が多々あります。これを防ぐためにも手術の前にAKA-博田法受診して本当に手術が必要かどうかを再診断する必要があると当院では考えております。


診療科目
 ・整形外科
 ・リウマチ科
 ・リハビリテーション科


HOME医師略歴著作・掲載記事料金一覧初診の方へ通院中の方へ交通案内急性腰痛症(ぎっくり腰)
腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症変形性脊椎症脊椎分離症脊椎すべり症坐骨神経痛その他(腰痛症等)
変形性頚椎症肩こり四十肩・五十肩むち打ち症(頚椎捻挫)その他(肩・肘・首・手首等)変形性股関節症変形性膝関節症
その他 (股、膝、足関節の痛み)肩の痛み(野球など)肘の痛み(テニスなど)腰の痛み(ゴルフなど)その他(膝・足首など)
子供の成長期の痛み妊娠中、出産後の疼痛その他痛みサイトマップリンク集
 
Copyright(c)   AKA-博田法 望クリニック All rights reserved
produced by FARO